• 人気の記事
  • ピックアップ
  • Category
Toggle

バギオ留学体験記(MIYU)

MONOLとは?

様々なできごとがあってすこし更新がおくれてしまいました。三日間で5つくらい問題おきました。ガッデーーム。

まずてはじめににスーツケースがぶっ壊れたよ(^O^)
びっくりしましたね。ほんと。マニラ空港で顔が真っ青になりました。ジェットスターさん本当しっかりしてください。その時そのままジェットスターのカウンターにいって説明すればよかったもののテンパってしまいましてキャスターが3つのスーツケースを引きづり歩きました。本当ジェットスターさんしっかりして。まぁ、航空会社の責任ではないのかもしれないけれど・・・。

fc2blog_20150311005418a29
なんかショックすぎて無駄に加工してしまいました。修理もできなさそうなので新しいものをフィリピンで購入しようと思います。まぁ、フィリピンって思ったい以上になんでも手に入るのでそこまで心配していません。大丈夫でしょうきっと。みなさんも気をつけてくださいね。

そして本題に!!

私が通うMONOLについて少し触れていきます。このMONOLという語学学校はバギオにある韓国資本の学校でスパルタ方式を取り入れた韓国では人気の学校です。

monol
比較的新しい建物でとっても快適です。ビルのような建物で時々停電もしますが綺麗です。

学校の周りには何もありません。誘惑なしの環境で英語を勉強することができます。なにより、空気もきれいで気温も平均20度で過ごしやすいです。もはや少し寒いです。いや朝と夜はかなり寒いです。いつもタイツはいてます。
このMONOLはとっても厳しくて平日は外出禁止だし母国語を話したら罰金かペナルティくらっちゃいます。(現時点6月時点で新ルールになったみたいです)
入学3日目にしてペナルティ食らったやつがこの記事書いてるんですけどね。びっくりですよね。驚きで泣きそうでした。まぁ、何はともわれペナルティなんてイージーです。イージーで…す。

何はともあれ、MONOLは
英語を学ぶにはとっても適しているとわたしはおもいます!!!

 

その理由の一つ目

韓国人がほとんどの割合を占めているからです。日本人はいまのところ5人しかいないです。学生数も多いので日本人より韓国人と話す機会がかなり増えます。

そして二つ目

スパルタ方式です。このスパルタ方式で勉強するしかない環境に身を置くことができます。日本語が使えない環境というのはみなさんが思っている以上に自分にとって有益なことなのです。
みんなMONOLのことを監獄といいますが、まさにその通り。でもなんだかんだやっていけます。
韓国人の学生も日本人の学生もすべての学生が同じ状況で目的は英語のスキルを伸ばすことなので時間なんてあっという間にすぎていきます。

そして理由の三つ目

きっちりとしたカリキュラムが一人一人に組まれるからです。最初にレベルテストを受けてから自分にあった教科書を受け取り、自分にあった勉強をすることができます。
先生もほとんどの先生が大学を出ており、英語を教えるのが上手です。びっくりするほどやさしいです。これはフィリピン人のお国柄なのでしょうか?
陽気で気さくでみんな生き生きした先生が多い印象を受けました。
少し人見知り程度でもフィリピンではやっていけると思います。

 

 

あ、それと
もちろん週末は外出可能なのでバギオの町で遊ぶことができますからね、心配しないでください。

つぎはMONOLのカリキュラムについて説明しますね!

miyu

PS この服装でも寒いです・・バギオなめてました・・冬服を調達しに行きます。

 

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top