• 人気の記事
  • ピックアップ
  • Category
Toggle

フィリピン留学って?

私が語学留学をしたことで学んだ6つのこと

私が語学留学をしたことで学んだ6つのこと

語学留学は語学力の習得が目的の1つですが
わたしは実際それだけではないコトを沢山得られました。

以下、わたしが語学留学をして学んだ事です。
人それぞれ感じ方、得る物は違うと思いますがご参考までに

①離れてみて初めて日本が住みやすい国だったことを知る

日本では当たり前だと思っていた事が全然当たり前ではなかったことを
たくさん経験しました。

トイレの清潔さ
道がキレイに舗装されている事
下水道がある事
文房具が使いやすいのに手頃な価格
接客が丁寧である
などなど
なくなってから気がつくことってたくさんあるんですよね。
目の前の当たり前の大切さに気がつける人って素敵ですよね。

②他の国の人と関わる事で自分の小さな価値観の中で生きていた事を知る

文化や生活習慣が違う国の人達と触れ合う事により
自分が想像したこともなかった出来事があったり
考え方を聞いたり
生活を共にすることで
自分の小さな価値観の中で今まで生きて来た事を知るきっかけとなった。
これからもどんどん学んでいける人でありたい。

③他の国の人が日本をどう見ているのかを知る

出会った他の国の人達は
日本は憧れの国
日本人は親切だと口を揃えて言ってくるのです。
そんなことを言われるとは思っていなかたので驚きでした。
そしてヨーロッパの人達は
日本食=長生き
というイメージが強いらしく日本食が大人気
イタリア人が毎日パスタを食べるように
日本人は毎日お寿司を食べていると思っているらしいです。

④人の目や人の評価ばかりを気にして生きて来た自分に気がつく

こちらも
文化や生活習慣が違う国の人達と触れ合う事により得た気付きです。
自分らしく自由に生活している姿を目の前にして
人の目や評価を気にして生きている自分が浮き彫りになった気がします。

⑤環境を変えても自分自身が変わらない限り何も変わらないことに気がつく

「このままの自分では嫌だ」「変わりたい」と思って
海外で暮らすという行動をしてみたものの
日本で思い悩んでいたことそのまま
海外に行ったとしても悩んでいる自分に気がつき、自分自身が変わらない限り
何も変わらないのだということが理解できた。
帰るのは人でもなく環境でもなく自分自身なんですよね。

⑥本来の自分が甦ったように感じた

新しい価値観に触れる事により
人や環境のせいにするのではなく
「自分がすきなこと」「自分がやりたいこと」「自分が心地よい事」などを
日々考えるようになり
「自分らしく生きていいんだと」本来の自分が甦ったような感じがします。

語学の習得だけでなく多くの事を学ぶきっかけとなった私の語学留学
1番大きかったと感じるのは自分の世界が広がったことです。

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top