• 人気の記事
  • ピックアップ
  • Category
Toggle

ロンドン留学

イギリスへの入国審査での入国拒否について後から気付いたこと

イギリスへの入国審査での入国拒否について後から気付いたこと

イギリスは日本国籍の場合、旅行ビザで6ヶ月間の滞在が可能です。
(ビザの取得方法や条件、ビザの廃止などコロコロ変わりますので最新情報をチェックしましょう)

私が体験したイギリス入国エピソードをご紹介します♪

イギリスはインターネットで調べると入国審査がとても厳しく長期滞在の場合、目的や理由が認められないとそのまま入国を拒否されて日本に返されるという情報がたくさん出くるので不安にさせられます。(←経験者ですw)

私は旅行ビザで6ヶ月ロンドンに滞在する予定だったので事前にいろいろ調べると
強制帰国させられた、入国審査で何時間も拘束されたなど不安になる情報しか見つかりません。

そこでいろいろ調べた結果、私が準備したものは以下の3つでした。

  • 滞在中の生活を賄えるだけの十分な資金証明(銀行で発行してくれます)
  • 日付が変更出来る帰りの航空券(帰りの日程を決めていないと言い訳できるから)
  • 説明するための英語を暗記(必死に暗記しました)
  • 強制帰国させられても仕方ないという覚悟(覚悟を決めることって大切ですよね)

そしてドキドキの入国審査を迎えましたが
ラッキーなことに「2週間の旅行です♪にこっ」と笑ったら
するり〜っと入国出来ちゃいました。
あの悩んだ数ヶ月はなんだったのかと気が抜けました。

後から気がついたのですが入国出来なかった人はネットでいろいろ書き立てますが
無事に入国できた人は特にネットに書く必要がないから情報が少ないようです。

しかし油断してはいけません

実際わたしがロンドンで出会った友達は一緒に来た友達が持っていた帰国用の航空券が
6ヶ月より1日多いばかりに強制帰国させられたそうです。

インターネットの情報は便利ではありますが
時には不安を大きくする作用も働くので適度に利用したいものですね。

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top