Toggle

フィリピン留学って?

LCC(格安航空会社)チケット購入で失敗しない5つのポイント

LCC(格安航空会社)チケット購入で失敗しない5つのポイント

日本からフィリピンに飛ぶ時の代表的なLCC「セブパシフィック(Cebu Pacific)」。

今までは関西方面のみ飛んでいましたが、
2015年3月より成田ーマニラ/成田ーセブ がついに就航!

それに引き続き、2015年4月成田空港にLCCターミナルがオープン!
LCCの利用がますます便利に、身近になってきました。

「安いっ♪」と飛びつくといろいろ失敗しちゃうのは私だけでしょうか。「失敗から学ぶ」という言葉を知らないのかというくらい何度もLCC利用で痛い目にあっております。

せっかく失敗したのでその経験をシェアすることで
みなさんが失敗しないように注意すべき5つのポイントをご紹介しますね。

①「決定ボタン」を押した瞬間、画面が真っ暗になっても慌てないようにしましょう。

LCC(格安航空会社)は基本、インターネットで予約します。

情報を入力して「決定ボタン」を押した瞬間、画面が真っ暗・・・焦ります。 そして予約が完了していないのかと思い込み再購入すると実は前回の分も購入出来ていて2回購入してしまうなんてことにもなりかねません。(経験者は語る1)

そんな時は

Step1:予約完了のメールが届いていないか確認する。

届いていないからといってまだ油断してはいけません、10分後あるいは次の日に届くなんていうミラクルがあるからです。(経験者は語る2)

Step2:クレジットカードで引き落とされているのを確認する。

こちらが1番安全で正確な確認方法だと思います。(経験者は語る3)

②荷物の重量の事前チェックは念入りに。

LCC(格安航空会社)は荷物の重量オーバーにはとても厳密で厳しく、
少しでもオーバーした場合は追加料金が請求されます。

LCC以外の航空会社は少しくらいであればおまけしてくれるのですがLCCの場合は容赦ありません。

通常は「重量オーバーだから中から出して手荷物にしてください」と優しい言葉をかけてくれるものの、出発時間ギリギリにチェックイン手続きなんてことになると、そんな猶予も与えてもらえず泣く泣く追加料金を支払わないといけない状況になってしまいます。

しかもその追加料金ってチケット代金と同じくらいするんですよねこれが・・・(涙 せっかくの格安が台無しです。(経験者は語る4)
そうならない為にも「荷物の重量チェック」と「チェックインは早めの時間に」しましょう。

③予約番号をしっかり控えましょう。

予約完了画面に「予約番号」アルファベットと数字が混ざった6桁の番号 例) IC9N7Q が表示されますのでコチラは必ずスマホで写メをするなど控えるようにしておきましょう。

この番号が分からないまま、メールも届かないという緊急事態が発生した場合、確認する手段が英語対応のみのコールセンターです。(経験者は語る5)英語に自信がある方は問題ないのですが、それ以外の方は「予約番号」だけは必ず控えておきましょう。

④予約時、気づかないうちに付けられているオプションに要注意

□座席指定

こちらは有料となります。特に希望がない場合、指定しなくても問題ありませんので指定席のチェックが外せます。知らないとうっかり見逃します。

□機内食

こちらも有料で最初からチェックが選択されていますので忘れずチェックしましょう。

□保険

こちらも自動的にチェックが選択されていますので最終支払い前には忘れずチェックしましょう。
もちろん自分ですでに保険に加入していて必要がないと判断した人に限ってですよ。

⑤機内持ち込み以外の荷物を預ける場合は事前に申し込みましょう。

②でもご案内した通り荷物の重量オーバーがLCCが格安からそうでもない航空券に化けてしまう最大のポイントです。(経験者は心から語る6)

格安のまま気分良くルンルン♪と利用する為に長期滞在でいろいろと物入りな女性は、1番重量が重たいものを予約することをオススメします。

失敗しない5つのポイントに注意して快適な空の旅をお楽しみください♪

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top