Toggle

カラン校について

CAllAN METHOD☆カラン本校はこんな感じでーす。

「おしん」とか「カフェラテ」とか「洗濯機で運動靴を洗う習慣」とか

ブログに書いてる場合じゃない・・・と分かっていながらとうとう今日を迎えました。

 

ご存知の方がほとんどですが

わたしのロンドン滞在のメインはカランスクールに通う事です。

 

カランスクールとは特別な技法を使った英語習得法の語学学校です。

創始者のお言葉を借りると

「頭の中で英語を母国語に変換しないで、とにかく繰り返し、繰り返し、繰り返し」

というメソッドです。 分かりますかね?

ちょっと聞いた事がある方には分かってもらえるのでは(笑)

 

もっと詳しく知りたい方はコチラをチェック↓↓↓

http://matome.naver.jp/odai/2134353208904815801

 

私がセブ島滞在時代にお世話になった

QQEnglishさんでカランメソッドの存在を知りました。

http://www.qqeng.com/(ロンドンのカラン本校認めた数少ない正式認定校です。)

それ以来、いつか本場のロンドンのカラン本校に行ってみたいと思い続け

とうとう実現したのです。

 

みなさんが知りたいであろう

憧れのカラン本校はこんな感じでーす。

 

普通は良い事から書くものでしょうが今回は辛口から行かせてもらいますが

悪い意味ではないので前向きに受け取って頂けると幸いです。

では、

① 先生の士気がそれほど高くない(かも)

 もちろん素晴らしい先生もいますが

 平均的に教師は初めてだというバートタイムの先生が多いです。

 メソッドが確立していて、テキストにそって喋るという授業内容なので

 講師経験がなくても英語が話せればできる仕事のようです。

 もちろん私なんかよりも上手に喋るので問題はありません。

 しかし私の受けた印象ではセブ島のQQEnglishの先生達のほうが

 熱心さが伝わってきてました。やはりロンドンまで来なくとも来れなくとも

 オンラインでカランメソッドを学ぶのもひとつかなと思います。

 

②クラスメイトはイタリア人/スペイン人/フランス人/ブラジル人がほとんどです。

 なんと私はヨーロッパ人はみんな英語が喋れるもんだとばかり思っていたので

 これには驚き!!!

 しかも日本語英語なまりもひどいですが、イタリア英語のなまりも結構なものです。

 その他、みなさん「ビンボーゆすりをする」というのも驚いたうちのひとつです。

 セブ島でもフィリピン人も韓国人も頻繁にするので観ていてスッキリしなかったのですが、まさかヨーロッパの方々までとは。。。日本では「ビンボーゆすり」は不躾だという価値観って世界共通じゃなかったんですね。

 

③教室は赤と白が基本カラーでシンプル&お洒落

 何十年も前から変わらない内装だそうです。

f:id:napo743:20131112212209j:plain

 

④わたしはカランスクールが大好きなのですが

 カランメソッドに不満を抱えて去って行ったクラスメートも結構います。

 読み、書きもありますがスピーキングが中心で 

 しかも同じところを何度も何度も何度も・・・発音は直されまくりです。

 文法を学びたい、自己表現して喋りたい、書き取りを強化したい、などなど

 学びたい事がずれていると全く意味がなくなります。

 よく不満を言っているのを聞きますが、私からすると

 なぜ入学する前に確認して来なかったのだろう?と不思議です。

 夏休み期間中の学生は親に入れられてしまったからなのか

 「繰り返しだけでつまらない」と言って

 授業中ゲームをしていたのにはお姉さんビックリでした(笑)お姉さんです。

   わたしの子供には強制的に何かをさせるのはやめたいなと教訓になりました。

 子供の時間も無駄にして可哀想だし、お金も捨てたも同然ですしね。

 

⑤最後に一番知りたいであろうカランスクールの効果

 本当に何度も何度も何度も何度も同じフレーズを繰り返すので

 覚えにくい単語を自然に覚えられる、簡単な言い回しを自然に覚えられる

 日常でつかわれる単語が網羅されていることが生活の中で実感できる、など

 けっこう良いですよ〜やっぱり

 暗記じゃなく身につけられるところが気に入ってます。

 しかーし(涙)おそらく私だけだと思いますが

 メインのはずのスピーキングが伸びてはいると思うのですが、みみずの動き並みの

 成長度合いです。

 センスがある方であれば効果的に伸びるメソッドだと思っています。

 センスがあれば(笑)

 

 

その他 フリーイベントが週単位で開催されています。

・ゲーム大会

・ディベート会

・新聞を読む会

・季節のイベント(ハロウィン/イギリスのお祭りなど)

 

そして夕方 勉強部屋にいると何か質問ありますか〜とたまに先生が巡回してくれて

個人指導をしてくれますよ。

 

こんな学校に毎日、通ってます。 

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top