• 人気の記事
  • ピックアップ
  • Category
Toggle

バギオ留学について

【報告まとめ】英語留学の穴場バギオ留学5つのメリットと各学校の特徴

【報告まとめ】英語留学の穴場バギオ留学5つのメリットと各学校の特徴

10月8日(木)東京の渋谷で
フィリピンの「バギオ」の英語学校が集結し設立した
BESA ( Baguio English School Assotiaton) 主催の
『第2回バギオ留学説明会』が開催されました。
B_notice__14416919491バギオ地域の語学学校10校が日本にやってきて
フィリピン留学関係者を招き、バギオについて
それぞれの学校の特徴
を紹介して頂ける会でした。

協会会長の挨拶では
「まだまだ日本では馴染みがないバギオという素晴らしい地域を広めたい」
「この説明会を通して良い関係を築いて行きたい」
という熱いメッセージを伝えてくださいました。
IMG_6578

主催の協会 BESA ( Baguio English School Assotiaton) とは?

besa2004年にバギオにある語学学校が集結し協会を設立。
現在はバギオで実績と歴史のある10校が加盟しています。
加盟校が万が一閉校となったとしてもその他の学校が学生を分担して受け入れる「研修保証制度」など、
協力し合いながら留学生が安心して学習に集中できる環境を整えるために工夫をしている協会です。
公式ホームページ
(英語):http://besaphil.com

なぜバギオ留学がオススメなの?

IMG_6597

①気候がGood

フィリピンは南国というイメージが強いかと思いますが
バギオ地域は1年中、日本の秋のような気候です。(ちょうど今くらいの気候)
なので、エアコンが必要ありません。
マニラやセブ島などはエアコンなしでは厳しい気候ですが、バギオではエアコンいらず、
エアコンが苦手な方にはGoodな環境なんです。

②学園都市である

バギオ地域にはフィリピンでも有名な大学が20校以上あり
大学の卒業生を語学学校の講師として採用できるということから
もともとポテンシャルの高い人材を講師として採用することが可能な環境です。

③街が清潔で安全

夏の間は政府機関がマニラは暑過ぎるという理由からバギオに移転するとのことから
「サマーキャピタル」とも呼ばれている。
その影響もあるのか
犯罪などはほとんどなく、フィリピンで1番安全で清潔な街であり
街はとても綺麗に整備されているのが特徴です。

④他の年に比べて留学費用が節約できる

フィリピンの語学学校は有名なところで
セブ島留学
マニラ留学
ダバオ留学などがあるが
それらの地域に比べて
10,000円から20,000円程、割安で留学することが可能となります。

⑤学習と遊びのバランスが取り易い

「バギオ地域は遊ぶ場所がほとんどない」
と口コミなどでは紹介されていることが多いが、
実は芸術家が集まる地域でも有名なので
お洒落なカフェ
お洒落なバーなど
穴場スポットが存在する。
また、1〜2時間山を下るとビーチがあり
海遊びも楽しむ事が出来る。

各語学学校の特徴とは?

加盟校の10校の現地スタッフが
各学校の特徴を説明してくださいました。

IMG_6590IMG_6587IMG_6585

① A&J e-EduDC

ポイント① アメリカンネイティブ講師と24時間同じ施設に滞在
授業以外でも時間を共有し、質問や相談などもいつでも行える環境

ポイント② バギオ中心に位置する高級コンドミニアムを利用
抜群のロケーションにより主要施設は徒歩で移動が可能

ポイント③ セミスパルタ式なので平日も外出が可能

A&J e-EduDC
http://www.aj-japan.com

② A_Plus Advance

ポイント① 日本人生徒が5%〜15%に制限しているため
英語環境が保障されている。

ポイント② スパルタ式で平日も外出禁止のため勉強にフォーカスできる。

ポイント③ 帰国後、留学期間と同じだけの期間オンライン英会話を提供している。

A_Plus Advance
http://aplusjapan.com

③Baguio JIC

ポイント① 目的別にキャンパスが3つに別れている。(スパルタ校舎/セミスパルタ校舎/IELTS専門校舎)
キャンパスごとに得られる成果が変わって来るので、自分のニーズに合わせてキャンパスが選択できる。

ポイント② 総定員が185名と中規模の学校のため、行き届いたケアが可能。

ポイント③ 現在の生徒の国籍は、韓国/日本/台湾である。
日本人スタッフは4名が在中している。

Baguio JIC
http://baguio-jic.com

④ BECI International

ポイント① 創立12年目の老舗の語学学校であり、日本人のニーズに合わせたカリキュラムが提供できる。

ポイント② 毎月レベルテストを行い、スピーキングテストでは生徒が話した言葉の書き起こしを行い
細かくチェックしている

ポイント③ 生徒の語学学習を徹底管理している。

BECI International
http://www.beci-jp.com

⑤ CNS 2

ポイント① フィリピンで初めてIELTS専門のパイオニア校として歴史と実績がある。

ポイント② スパルタ式なので語学学習に集中でき、結果が出せる環境。

ポイント③ 独自のカリキュラムと実力のある講師陣のもと短期間でIELTSのスコアの
目標点数を実現できる。

CNS Ⅱ
http://baguio-cns2.com

⑥ HELP

ポイント① 20年の歴史と実績がある学校であり、卒業生は5万名を超えている。
その内、1270名の日本人学生が卒業している。

ポイント② フィリピン国内で最大級の規模を誇る語学学校でありキャンパス全体で700名規模。

ポイント③ 体系的な教育管理、徹底された教育プログラムにより、優秀な人材を講師として安易に雇うのではなく
優秀な人材に育てる事に力を入れている。

HELP
http://helpenglish.jp

⑦ Monol

ポイント① 学生のニーズを分析し、現代の英語教育に合った独自教材、教育資料、教育方法、学習方法を
開発し提供している。

ポイント② ドミトリーの部屋は個人のプライバシーや空間を守れるように家具の配置を工夫している。

ポイント③ ビジネス用のWIFIを使用しているので、快適なWIFI環境が提供できる。

Monol
http://monoljp.com

⑧PINES

ポイント① フィリピンで最初にスパルタシステムを導入したアカデミーであり、14年の歴史と実績がある。

ポイント② 生徒の英語レベルに沿って2つのキャンパスに分けるシステムを採用、
また定期的にカウンセリングなどを行い
学生の語学力成長にとことんこだわったシステムを提供している。

ポイント③ 初心者に合わせたカリキュラム開発に力を入れ、オリジナルテキストの開発などを行っている。

PINES
http://www.pinesacademy.com/jp

⑨ TALK

ポイント① TOEICを短期間で点数アップを目指すならこちらの学校!
TOEIC頻出単語から出題されるテスト、TOEIC模擬テストを毎日実施が必修となっている。

ポイント② 定期的にTOEICを受講し、トレーニングを受けている優秀な講師が指導にあたっている。

ポイント③ ネイティブ講師による発音矯正の授業を必修とする有数の語学学校である。
TALK
http://baguio-talk.com

⑩ WALES

ポイント① IDPコース/ワーキングホリデーコース/一般英会話コースなどのコースが選択可能。

ポイント② 日本人生徒が全体の5%なので英語漬けを求めている方には最適な学校。

ポイント③ 2015年11月より、市内中心部に新校舎をオープン予定なので
快適な立地条件が実現できる。

WALES
http://www.walesbaguio.com/

まとめ

まとめでは『1週間からの語学留学も魅力的だが
英語はしっかり時間をかけて学習しないと身に付きにくいと言われているし
実際にそう思っている』とのこと。

こちらに加盟しているバギオの語学学校は
「思い出作りの英語学習ではなく
『実践で使える英語学習』を目指している」というポリシーがあるので
本気で英語を身につけたい!という覚悟がある方にはとてもお勧めの留学先ですね。

また、バギオの語学学校のスタッフさん達は
心からバギオという地域を愛して
生徒さん達の語学力向上を心から応援している
素敵なスタッフさんが多いという特徴も
魅力的な点だと私自身は感じています。

バギオ留学、ぜひチェックしてみてくださいね。

IMG_6600IMG_6598 IMG_6599

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top